スポンサーサイト

  • 2016.10.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違い

資格を認定する団体が醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いになります。

一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会が「醸しにすと」の資格を認定する団体です。

特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会が「食育インストラクター」の資格を認定する団体です。

ホールフード協会の認定の「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座のサイトに発酵食スペシャリスト養成講座の詳細が紹介してあります。

食育インストラクター資格の詳細は、特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会のホームページに紹介してあります。

次に、醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いを紹介します。

1)ホールフード協会と「醸しにすと」

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いは、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会のホームページを覗けば確認できます。

ホールフード協会の認定資格の「醸しにすと」の概要を紹介します。

ホールフード協会には「醸しにすと」を含めて6つの資格があります。

WholeFoodジュニアマスター・WholeFoodシニアマスター・WholeFoodスペシャリスト(マスター)と野菜の資格の野菜コーディネーターと発酵食の資格の「醸しにすと」・「醸しにすと“極”」です。

2)協会と食育インストラクター

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いは、特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会と資格の概要で分かります。

日本食育インストラクター協会の食育インストラクターには5つのレベルがあります。

食育インストラクター一級・二級・三級・四級・プライマリーの5つです。

特定非営利活動法人(NPO)の食育インストラクターの級数は“食育”の指導者として認定する民間資格です。

3)「醸しにすと」は通信教育で取得

醸しにすと(かもしにすと)と食育インストラクターの違いのために「醸しにすと」の紹介をします。

「醸しにすと・かもしにすと」は、「がくぶん」の発酵食の通信教育講座で発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを習得すれば取得できます。

ホールフード協会の認定資格の「醸しにすと」は通信教育講座で取得できます。

会社勤務・家事・育児で通学制講座に通えない女性は通信教育講座を受講しませんか。

家事・育児でまとまった学習時間が確保できなくてもスキマ時間を利用すれば取得できます。

会社勤務で忙しくても早朝・夜間・休日を利用したマイペース学習で取得できます。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の通信教育講座のサイトで紹介してあります。

食育インストラクターの詳細は、特定非営利活動法人(NPO)・日本食育インストラクター協会のサイトで紹介してあります。

ホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば「醸しにすと」を取得できます。





発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリット

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリットは発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを学べることです。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座は通信教育です。

通信教育講座の特徴は通学や決められた講座時間がないことです。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座のサイトに紹介してあります。

発酵食スペシャリスト養成講座であれば、家事・育児・会社勤務に忙しくても受講できます。

家事や育児が忙しくて学習時間の確保に困っている女性は試してみませんか。

家事・育児の合間のスキマ時間に発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを学べます。

会社勤務が忙しくて通学制講座に通えない女性でも休日や夜間を利用した自宅学習で学べます。

発酵食スペシャリスト養成講座は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

発酵食スペシャリスト養成講座で発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを習得して修了すれば認定資格の「醸しにすと」を取得できます。

「醸しにすと」はホールフード(WholeFood)協会の認定資格です。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリットの紹介をします。

1)「がくぶん」の通信教育講座の魅力

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリットは通信教育講座です。

通信教育講座なのでライフスタイルに合わせた自宅でのマイペース学習で、発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを学べます。

「がくぶん」の優れた通信教育システムの特徴は、専門家が監修したオリジナルテキストなどの教材を使ったステップアップ学習方式と専任講師による個別学習です。

「がくぶん」の優れた通信教育システムで納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・酒・ワインなどの発酵食品や味噌・醤油・みりん・酢などの発酵調味料のなどの知識とノウハウを学びませんか。

2)ホールフード協会認定

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリットは、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座であることです。

ホールフード(WholeFood)協会認定の通信教育講座なので、講座の課題をクリアして修了すれば「醸しにすと」を取得できます。

「醸しにすと」はホールフード(WholeFood)協会が認定する発酵食の認定資格です。

ホールフード(WholeFood)協会の発酵食の認定資格には「醸しにすと」と「醸しにすと“極”」があります。

3)発酵食の優れた通信教育

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座の魅力・メリットは、優れた通信教育システムで発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを学べることです。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座のカリキュラムや教材は、ホールフード(WholeFood)協会代表理事のタカコナカムラ氏が監修をしています。

オリジナルテキストなどの分かりやすい教材を使ったマイペース学習で効率よく学べます。

ステップアップ学習方式なので初心者でも確実に講座を進められます。

養成講座のサイトで発酵食スペシャリスト養成講座の詳細を紹介してあります。

発酵食スペシャリスト養成講座はホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

優れた通信教育システムで発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを学んで「醸しにすと」を取得してください。






発酵食スペシャリスト養成講座になる方法

発酵食スペシャリスト養成講座になる方法は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定の「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を修了することです。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で、発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを習得して課題をクリアすれば講座を修了できます。

発酵食スペシャリスト養成講座を修了すれば「醸しにすと」としてホールフード協会から認定されます。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座のサイトで紹介してあります。

養成講座では、発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん)などの使いこなし方・選び方・正しい調理法・効果などの知識とノウハウを習得できます。

伝統と実績がある人気の「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で発酵食のことも学びませんか。

発酵食の養成講座は通信教育講座です。

通信教育講座のメリットは通学不要で決まった講座時間がないことです。

家事・育児に忙しい女性でも仕事の合間のスキマ時間を利用して発酵食のことを学べます。

会社勤務に忙しくて通学制講座に通えない女性でも自宅での休日学習や早朝学習・夜間学習で発酵食を学べます。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座になる方法を紹介します。

1)「醸しにすと」になる方法

「がくぶん」の通信教育のサイトに発酵食スペシャリスト養成講座になる方法が紹介してあります。

伝統と実績がある人気の通信教育機関の「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を修了すれば「醸しにすと」として認定されます。

「醸しにすと」の認定証を与えるのは・一般社団法人・ホールフード協会です。

通信教育の発酵食スペシャリスト養成講座を利用すればライフスタイルに合わせたマイペース学習で、発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん)などの使いこなし方・選び方・正しい調理法・効果などの知識とノウハウを習得できます。

2)ライフスタイルに合わせて発酵食を学ぶ

「がくぶん」の通信教育の発酵食スペシャリスト養成講座になる方法は、家事・育児・会社勤務と両立して発酵食品や発酵調味料などの使いこなし方・選び方・正しい調理法・効果などの知識とノウハウを習得することです。

「がくぶん」の養成講座を修了すれば「醸しにすと」として活躍できます。

養成講座を利用すれば、ライフスタイルに合わせた自宅でのマイペース学習で発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん)などの使いこなし方・選び方・正しい調理法・効果などの知識とノウハウを学べます。

3)発酵食スペシャリスト養成講座

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座になる方法は優れた通信教育システムを活用することです。

「がくぶん」には専門家が監修したオリジナルテキストなどの教材を使ったステップアップ学習方式と専任講師による個別学習などの優れた通信教育システムがあります。

「がくぶん」の発酵食の養成講座を受講するメリットは、発酵食品や発酵調味料などの国内外の発酵食品に詳しくなれることです。

ホールフード(WholeFood)協会代表理事のタカコナカムラ氏オリジナルの「旨塩麹」の作り方を学べます。

発酵食品を活用の目的別や体調別のレシピを学べます。

40種類の美味しい発酵食レシピを学べます。

講座を修了すれば「醸しにすと」として認定されます。

ホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育サイトで発酵食スペシャリスト養成講座の詳細を確認してください。

発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん)などの発酵食の知識とノウハウは「食」の仕事にも役立ちます。




発酵食スペシャリスト養成講座の給料・年収・初任給

発酵食スペシャリスト養成講座の給料・年収・初任給は「食」の仕事をしている人たちと同じです。

発酵食の資格は一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会認定の「醸しにすと」です。

「醸しにすと」は民間資格ですが、発酵食品(納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・酢・醤油・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを習得していることを証明できます。

発酵食の効果や効能が明らかになってくるとともに発酵食品(納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・酢・醤油・みりん)に対する注目度はアップしています。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を受講して発酵食品・発酵調味料などの知識とノウハウを学びませんか。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座のサイトで紹介されています。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座は通信教育です。

通信教育講座なので通学や決められた講座時間などはありません。

家事・育児・会社勤務などと両立して自宅でマイペース学習ができます。

ライフスタイルに合わせたマイペース学習ができる通信教育講座は、家事・育児・会社勤務に頑張っている女性におススメします。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の給料・年収・初任給を紹介します。

1)「醸しにすと」の給料

「醸しにすと」である発酵食スペシャリストの給料・年収・初任給は「食」の仕事をしている他の社員と同じです。

発酵食に関係する食の仕事には、発酵食品や発酵調味料の製造・販売のメーカーがあります。

「醸しにすと」が活躍できる部門は、製造部門・研究開発部門・販売部門・仕入れ部門などになります。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を修了して「醸しにすと」を取得しても給料アップに直接つながることはありません。

知識とノウハウを仕事に活かせれば昇給・昇進をサポートできます。

2)料理教室と「醸しにすと」

料理教室で活躍している「醸しにすと」の発酵食スペシャリストの給料・年収・初任給は受講生の数で変わります。

料理教室を繁盛させるには、発酵食品(納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・酢・醤油・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを活用した料理の提案・指導をするのがポイントです。

発酵食品・発酵調味料の美味しさと効果・効能を活かした魅力的な料理方法やレシピを提案・指導することで料理教室の受講生数を増やすことができます。

「がくぶん」の通信教育講座を修了して「醸しにすと」を取得したら、発酵食の知識とノウハウに実務経験を加えてスキルアップする努力が大切になります。

3)「醸しにすと」の知識とノウハウ

「醸しにすと」・発酵食スペシャリストの給料・年収・初任給をアップさせるためには知識・ノウハウレベルを向上させることです。

ホールフード(WholeFood)協会の認定資格は、ホールフード協会認定の「がくぶん」の通信教育講座を修了すれば取得できます。

「がくぶん」の発酵食スペシャリストで発酵食品(納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・酢・醤油・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを学んで課題をクリアすれば講座を修了できます。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の通信教育講座のサイトで紹介されています。

ホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育講座を利用して発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを習得しませんか。

「醸しにすと」の資格は「食」の仕事に役立ちます。





発酵食スペシャリスト養成講座の1日のスケジュール(勤務時間)

就労スタイルで発酵食スペシャリスト養成講座の1日のスケジュール(勤務時間)は違います。

一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定資格である「醸しにすと」が活躍している職場は発酵食品・発酵調味料の製造販売メーカー・外食や中食や給食業界・料理教室などになります。

発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の正しい知識とノウハウは、「食」の仕事だけでなく家庭料理でも役立ちます。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を受講して発酵食の知識とノウハウを習得しませんか。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」のサイトで紹介されています。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座は通信教育講座です。

通学不要で講座時間が決められていない通信教育講座のメリットはライフスタイルに合わせてマイペースで学習できることです。

家事・育児が忙しくてまとまった学習時間をとれない女性におススメの通信教育講座です。

会社勤務で通学制の講座に通えない女性でも休日や夜間の自宅学習で知識とノウハウを習得できます。

家事や育児の合間のスキマ時間を使った自宅でのマイペース学習でホールフード(WholeFood)協会の「醸しにすと」を取得できます。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の1日のスケジュール(勤務時間)の紹介をします。

1)発酵食品・発酵調味料つくりのスケジュール

発酵食品や発酵調味料の製造・販売メーカーに勤務する発酵食スペシャリストの1日のスケジュール(勤務時間)は一般社員と同じです。

発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)で活躍している「醸しにすと」の職場は、製造部門・研究開発部門・販売部門などになります。

「醸しにすと」の発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを役立てませんか。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で知識とノウハウを習得してください。

2)外食・中食・給食の「醸しにすと」

外食・中食・給食の職場で活躍している発酵食スペシャリストの1日のスケジュール(勤務時間)は、就労スタイル・職場規模・賃金の地域格差などでなどで違います。

外食・中食・給食業界では発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)を多用した食品や料理を作っています。

発酵食品・発酵調味料の健康・美容効果も明らかになっています。

外食・中食・給食つくりに「醸しにすと」の知識とノウハウを活かしてください。

3)「醸しにすと」の料理教室

料理教室で活躍している発酵食スペシャリスト養成講座の1日のスケジュール(勤務時間)は料理教室講座日程で変わります。

料理教室講座では料理教室の計画・材料や道具やレシピなどの準備・後片付けなどたくさんの項目の作業があります。

前準備や後整理などを考えると9時〜5時の会社勤務スケジュールでは処理できません。

料理教室開講は収益と労働時間のバランスに気を付ける必要があります。

発酵食を活かした料理を指導する料理教室開催にはホールフード協会の「醸しにすと」が役立ちます。

ホールフード協会認定の「がくぶん」の通信教育講座を修了して「醸しにすと」資格を取得しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座のサイトに発酵食スペシャリスト養成講座の詳細が紹介してあります。

ホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育講座で発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを習得して「醸しにすと」になりませんか。

「醸しにすと」資格は発酵食品・発酵調味料の製造販売メーカー・外食や中食や給食業界・料理教室などで役立ちます。






発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先

発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先には発酵調味料や発酵食品の製造販売のメーカーや美味しい料理を提供している会社などがあります。

一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の発酵食の認定資格は「醸しにすと」です。

「醸しにすと」の認定資格は納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒・味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを習得していることを証明します。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を受講しませんか。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で紹介してあります。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座は、一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会の認定講座です。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒・味噌・醤油・酢・みりんなどの発酵食の知識とノウハウを習得して講座を修了してください。

養成講座を修了すればホールフード(WholeFood)協会から「醸しにすと」として認定されます。

「醸しにすと」資格は発酵食スペシャリストとして証明する資格なので「食」の仕事でも役立ちます。

「醸しにすと」が習得している納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒・味噌・醤油・酢・みりんなどの発酵食の知識とノウハウは家庭料理でも役立ちます。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を修了して「醸しにすと」になりませんか。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先の紹介をします。

1)発酵食品の製造・販売

発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先には発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)を製造・販売している発酵食品メーカーがあります。

「がくぶん」の通信教育の発酵食スペシャリスト養成講座を修了して「醸しにすと」の認定資格を取得しませんか。

「醸しにすと」は一般社団法人・ホールフード(WholeFood)協会が認定する民間資格ですが、発酵食の知識とノウハウを習得している証明になります。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座は通信教育講座なのでライフスタイルに合わせたマイペース学習を自宅で続けられます。

2)家族の健康と美容

発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先には家庭にもあります。

「がくぶん」の通信教育の発酵食スペシャリスト養成講座で学ぶ発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の知識とノウハウは家族の健康・美容をサポートする家庭料理に活かせます。

発酵食の資格の「醸しにすと」は家事・育児の合間のスキマ時間を利用して取得できます。

3)中食・外食・給食

発酵食スペシャリスト養成講座の求人・職種・勤務先には、中食・外食・給食業界があります。

アンチエイジング・ダイエット・生活習慣病予防に発酵食品・発酵調味料の知識とノウハウを活かしませんか。

中食・外食・給食業界では、アンチエイジング・ダイエット・生活習慣病予防・快復サポート食などの付加価値のある食品・料理が求められています。

「がくぶん」の通信教育の発酵食スペシャリスト養成講座で学ぶ発酵食品(納豆・漬物・ヨーグルト・チーズ・ワイン・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・酢・みりん)などの発酵食の知識とノウハウを美味しい中食・外食・給食つくりに活かしてください。

通信教育講座のサイトで発酵食スペシャリスト養成講座の詳細が紹介してあります。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座で学ぶ発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウは、製造・販売メーカー・中食、外食、給食業界・家庭料理で活かせます。






発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容

発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容は発酵食品・発酵調味料などの発酵食に関係する仕事になります。

発酵食品には納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワインなどがあります。

発酵調味料には味噌・醤油・みりん・酢などがあります。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座では納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン・味噌・醤油・みりん・酢などの発酵食関係の知識とノウハウを学べます。

発酵食スペシャリスト養成講座で発酵食品や発酵調味料などの発酵食の知識とノウハウを習得して「醸しにすと」の認定資格を取得してください。

発酵食スペシャリスト養成講座の詳細は「がくぶん」の通信教育講座のサイトで紹介してあります。

発酵食品(納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん・酢)などの発酵食の知識とノウハウは「食」の仕事に活かせます。

通信教育講座で発酵食の使いこなし方・選び方・正しい調理法・効果などの知識とノウハウを活かした美味しい料理作りを学びませんか。

発酵食のスペシャリストの知識とノウハウはホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

養成講座を修了すれば「醸しにすと」としてホールフード協会から認定されます。

ホールフード協会には「醸しにすと」の上位資格の「醸しにすと“極”」や、

WholeFoodジュニアマスター・WholeFoodシニアマスター・WholeFoodスペシャリスト(マスター)

・野菜コーディネーターなどの「食」の資格もあります。

次に、発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容を紹介します。

1)通信教育で学べる発酵食の講座

発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容は「食」つくりの職場にあります。

日本人が好きな納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン・味噌・醤油・みりん・酢などの発酵食を活かした料理作りを始めませんか。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を利用すれば自宅にいながら発酵食品や発酵調味料などの発酵食についての知識とノウハウを学べます。

「がくぶん」の発酵食スペシャリスト養成講座を修了して「醸しにすと」として活躍してください。

2)健康に役立つ美味しい料理

発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容には健康に役立つ美味しい料理つくりがあります。発酵食を活かした料理は、家族と自分のダイエット・アンチエイジング・生活習慣病予防の美味しい健康・美容に役立ちます。

「がくぶん」の通信教育講座で発酵食を使った美味しい料理作りを学びませんか。

ダイエット・アンチエイジング・生活習慣病予防に、納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン・味噌・醤油・みりん・酢)などの発酵食の知識とノウハウを活かしてください。

通信教育機関の「がくぶん」の養成講座は標準受講期間が4ヶ月です。自宅での4ヶ月間のマイペース学習で発酵食に関する知識とノウハウを習得できます。

3)日本人に合う発酵食

発酵食スペシャリスト養成講座の仕事内容には日本人が好きな発酵食を目的や体調を考えて美味しく調理するなどがあります。

日本人が親しんでいた発酵食品や発酵調味料には、納豆・味噌・醤油・漬物・酢などがあります。

戦後は外来の発酵食品も家庭料理に使われています。

日本に昔からある発酵食品(納豆・酒)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん・酢)や外来のヨーグルト・チーズ・ワインなどには優れた栄養効果があります。

安全で美味しい発酵食品の選び方や調理方法などの知識とノウハウがあれば食生活が楽しくなります。

健康・美容食は生活の質(QOL)をアップさせます。

「がくぶん」のサイトで発酵食スペシャリスト養成講座の詳細を確認してください。

ホールフード協会認定の「がくぶん」の通信教育の養成講座では、発酵食品(納豆・チーズ・ヨーグルト・酒・ワイン)や発酵調味料(味噌・醤油・みりん・酢)などの発酵食の知識とノウハウを学べます。

ホールフード(WholeFood)協会認定の「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了して「醸しにすと」になりませんか。





calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
フリースペース
最近気になること・できごと。
男性もエステに行く時代。テレビCMや雑誌・新聞広告などでもよく目にします。北海道のメンズエステも徐々に増えてきているようです。

最近見ている美容・健康系サイト。
美顔器でほうれい線ケアをしている女性は多いですね。イオン導入美顔器でほうれい線ケアや、超音波美顔器でほうれい線ケアをしている女性が特に多いようです。最近は、イオン導入・超音波美顔器も発売されています。イオン導入・超音波美顔器でほうれい線ケアをすれば、効果も倍増しそうです。

おいしいダイエット食品
allaboutのビューティーコーナー 青汁は野菜不足の人にピッタリの健康・美容食品(緑黄色野菜のエキス)です。青汁には、原料の緑黄色野菜の種類に応じて、いろいろな製品があります。青汁の緑黄色野菜でよく知られているのは、ケール・明日葉・大麦若葉・ゴーヤなどです。

美容・アンチエイジングの観点でプラセンタが注目されています。プラセンタとは、動物の胎盤のことです。プラセンタ配合の、化粧品やサプリメントは多くの種類があります。化粧品やサプリメントに配合してあるプラセンタは、胎盤そのものではなく胎盤から抽出された、成長因子や美容やアンチエイジングに効果がある成分になります。

在宅で取れる資格
生涯学習ユーキャン
資格取得に興味があるけど、さすがに通いで勉強するには時間が・・・
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM